虹の宝物

Lyrics Collection

凍る夢

KANJI
4月11日
入学式
いきなり恋をした
一目惚れ
決して格好いい人ではないけれど、なんかあたしのツボ

4月12日
驚き
まさかの席が後ろ
彼は隣の席の男子と楽しげに話していた
その夜考えた末、私は記憶喪失の振りをすることにした
そうしたら少しは構ってもらえる気がしたから

4月13日
何人かいた中学からの知り合いには、口止めをしてた
あたしのことを知らないふりをしておいてと

4月14日
ホームルームの後、そういや、と彼に振り返られる
名前なんだっけ?何中?
あたしは名前だけ答えて、
何中かは思い出せない、と答えた
もちろん彼は不思議そうな顔をした
それ以前の記憶がないから、と付け足した
明らかに彼の見る目が変わった
作戦、大成功

4月31日
今日は日曜
彼はあたしの記憶を思い出させるべく、
この町を親切に案内してくれた
なにか思い出せない?と訊かれるが、
あたしは首を横に振る
もちろんぜんぶ知ってる場所なのだけど

5月9日
毎日付け続けている日記を見て、不可解に陥る
昨日も彼と町を歩いたらしい
でもそんな記憶あたしにはない

5月16日
日記を開くと、やはり昨日も彼と町を散策したらしい
そんな気もするが、記憶が曖昧だ…思い出せない…

5月31日
放課後、まだなにも思い出せない?と彼に尋ねられる
うん、とだけ答えておく

6月4日
明日はお寺に行こうと彼が提案した
記憶が戻る祈願をしようと
小さな時から行き飽きていた場所
でも彼となら行こうと思った

6月6日
昨日の日記を読む
彼と明治神宮に行ったらしい
そこでおみくじを引き、彼は大吉、あたしは大凶を引いた
彼の提案で交換したようだが、その行為に果たして意味はあるのか?

6月10日
携帯が鳴った
番号は非通知
何故か出る気になった
出ると相手はあたしそっくりの声であたしの名を名乗った
相手はあたしに尋ねる
あなたは誰?

6月13日
昨日も彼と町を歩いていたそうだ
そんな記憶はない
まるでもう一人のあたしが存在しているようだ

6月20日
昨日は彼とココナッツカレーを食べてご機嫌だったらしい
そんなものを食べた記憶はない
一体、誰が彼と仲良くしているんだ?

6月24日
知らない女生徒に話しかけられる
上手くいってるみたいね、と不躾に言われる
何のことをこの人は言っているんだ?
分からない…分からない…

6月25日
また携帯が鳴る
あたしからだった
邪魔だから消えて!とあたしは叫ぶようにお願いした
すると、あなたの方が偽物なのよ、と返ってきた
偽物って何?どうしてこんなおかしな事に巻き込まれるの?
あたしはただ、彼と仲良くなりたかっただけなのに…それだけなのに…

6月30日
授業とか上の空
眼の前に居る彼に話しかけたい
一体、あなたは誰と遊んでいるの?

6月31日
帰ってくると、玄関に出てきた母が青ざめた顔で言った
あなた今夕飯食べてるじゃない、と
もう、帰る場所も無くなった
あたしは家を飛び出した

すべて記憶喪失の嘘から始まった
全部あれのせいだ
あんな嘘付かなければよかったんだ
あたし自身が、みんなの中から失われていく

嘘を付いてごめんなさい…ごめんなさい…
ごめんなさい…ごめんなさい…

次目覚めると、ヘッドセットマイクを付けた女性があたしを見下ろしこう告げた
バグが発生しました、と

ENGLISH
11 April
There was an Enrollment Ceremony
And I fell in love
A love in first sigh
Even though he wasn't that good-looking, he was just my type

12 April
What a surprise
Lyrics | Comments:0 | Trackbacks:0 |
<<UNBALANCE | HOME | とある海賊王の気まぐれ>>

Comments

Post a comment















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

| HOME |