虹の宝物

Lyrics Collection

ISI

ただ辿り行く 道しるべ
顧みては郷を想う
幼き吾子あやされた
あのぬくもりを確かめつつ

いつか振りほどかれるなら
もう近づかぬ方がいい
いつかこの地も追われよう
ならば 愛さぬ方がいい

天岩戸を押し開ける
春の光に白い風
醜き我が身に余るほど
降り注ぐのは罰なのか

いつか振りほどかれるとて
もう後ろには戻らずに
いつかこの地を追われても
なお愛せよと声がする

我はここに石となる
同胞を守る石となる
宜災いを受けてなお

物言わぬ石に在うべし 
この災厄に触れたとて

失うがこそ 卑しけれ
こころより憎むものなれど
母の手に似た慰撫に泣く

我はここにて石となる
幾千の時を越えた先
共に手をとり生きようと

その顔を焼き付けた
呪われた地を今日は泣く
失うこそが悲しけれ

愛し愛されたいなく
鬼の姿に人の夢
Lyrics | Comments:0 | Trackbacks:0 |
<<ひとつだけの願い事 | HOME | 光の溢れるときには>>

Comments

Post a comment















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

| HOME |