虹の宝物

Lyrics Collection

SIGN

止まらない雨の中 傘も差さず見上げる
君の横顔が愛しくて

晴れたらいいねなんて 他愛のない話で
芽生えた気持ちに戸惑わないように

陽だまりの公園で 隣を歩く君の
口ずさんだ歌が優しくて

そんな些細なことで 心にあふれ出して
小さな気持ちを分かち合いたい

時に悩んだり 迷いもするけど
それが僕たちの自然なリズム

優しく紡いだ答えに嘘はなく
気が付けば満天の星空

流れる星々願いかける
二人の約束ただひとつのSIGNなら

静かに見上げたこの空の先には
輝く明日がどこまで続いてく  きっと

水溜りさく道で 口ずさむ鼻歌は
遠い思い出に溢れていて

思わず見上げた空 どうしてだろうひどく
切ない気持ちに気づかないように

時に寂しさや弱さもあるけど
それが僕たちの自然なリズム

瞬くようにも季節はめぐりゆく
気が付けば永遠の優しさ

輝く星々に祈りかける
二人が願うただひとつのSIGNなら

ようやく見つけたこの朝日の先には
小さな奇跡がどこまでも続いてく  きっと

ずっと願ってたいつまでも君の隣で
かけがえない物積み重ねて穏やかな同じ明日を

永久に瞬く星々に願いかける
二人の約束ただひとつのSIGNなら

静かに見上げたこの夜空の先には
輝く明日がどこまでもつづいていく  きっと

永遠に 二人で 歩んでゆく
Lyrics | Comments:0 | Trackbacks:0 |
<<光の溢れるときには | HOME | startline>>

Comments

Post a comment















Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

| HOME |