虹の宝物

Lyrics Collection

凍る夢

KANJI
4月11日
入学式
いきなり恋をした
一目惚れ
決して格好いい人ではないけれど、なんかあたしのツボ

4月12日
驚き
まさかの席が後ろ
彼は隣の席の男子と楽しげに話していた
その夜考えた末、私は記憶喪失の振りをすることにした
そうしたら少しは構ってもらえる気がしたから

4月13日
何人かいた中学からの知り合いには、口止めをしてた
あたしのことを知らないふりをしておいてと

4月14日
ホームルームの後、そういや、と彼に振り返られる
名前なんだっけ?何中?
あたしは名前だけ答えて、
何中かは思い出せない、と答えた
もちろん彼は不思議そうな顔をした
それ以前の記憶がないから、と付け足した
明らかに彼の見る目が変わった
作戦、大成功

4月31日
今日は日曜
彼はあたしの記憶を思い出させるべく、
この町を親切に案内してくれた
なにか思い出せない?と訊かれるが、
あたしは首を横に振る
もちろんぜんぶ知ってる場所なのだけど

5月9日
毎日付け続けている日記を見て、不可解に陥る
昨日も彼と町を歩いたらしい
でもそんな記憶あたしにはない

5月16日
日記を開くと、やはり昨日も彼と町を散策したらしい
そんな気もするが、記憶が曖昧だ…思い出せない…

5月31日
放課後、まだなにも思い出せない?と彼に尋ねられる
うん、とだけ答えておく

6月4日
明日はお寺に行こうと彼が提案した
記憶が戻る祈願をしようと
小さな時から行き飽きていた場所
でも彼となら行こうと思った

6月6日
昨日の日記を読む
彼と明治神宮に行ったらしい
そこでおみくじを引き、彼は大吉、あたしは大凶を引いた
彼の提案で交換したようだが、その行為に果たして意味はあるのか?

6月10日
携帯が鳴った
番号は非通知
何故か出る気になった
出ると相手はあたしそっくりの声であたしの名を名乗った
相手はあたしに尋ねる
あなたは誰?

6月13日
昨日も彼と町を歩いていたそうだ
そんな記憶はない
まるでもう一人のあたしが存在しているようだ

6月20日
昨日は彼とココナッツカレーを食べてご機嫌だったらしい
そんなものを食べた記憶はない
一体、誰が彼と仲良くしているんだ?

6月24日
知らない女生徒に話しかけられる
上手くいってるみたいね、と不躾に言われる
何のことをこの人は言っているんだ?
分からない…分からない…

6月25日
また携帯が鳴る
あたしからだった
邪魔だから消えて!とあたしは叫ぶようにお願いした
すると、あなたの方が偽物なのよ、と返ってきた
偽物って何?どうしてこんなおかしな事に巻き込まれるの?
あたしはただ、彼と仲良くなりたかっただけなのに…それだけなのに…

6月30日
授業とか上の空
眼の前に居る彼に話しかけたい
一体、あなたは誰と遊んでいるの?

6月31日
帰ってくると、玄関に出てきた母が青ざめた顔で言った
あなた今夕飯食べてるじゃない、と
もう、帰る場所も無くなった
あたしは家を飛び出した

すべて記憶喪失の嘘から始まった
全部あれのせいだ
あんな嘘付かなければよかったんだ
あたし自身が、みんなの中から失われていく

嘘を付いてごめんなさい…ごめんなさい…
ごめんなさい…ごめんなさい…

次目覚めると、ヘッドセットマイクを付けた女性があたしを見下ろしこう告げた
バグが発生しました、と

ENGLISH
11 April
There was an Enrollment Ceremony
And I fell in love
A love in first sigh
Even though he wasn't that good-looking, he was just my type

12 April
What a surprise
Lyrics | Comments:0 | Trackbacks:0 |

とある海賊王の気まぐれ

KANJI
あたしは家族を失った土地を捨て
ひとり海へ
一艘の船を勝手に借りて漕ぎ出した
波が荒れ 死ぬかと思った
気が付けば海賊船の上で
義手をかざす海賊が
「あんな舟じゃ自殺行為だ
海も狂ってきてる
なんなら陸まで送ろう」
嫌だ!あんな忌まわしい場所など
二度と帰るもんか
ここで働からせて
くれませんでしょうか!

海賊船はどんな波にも負けない
揺るがない
その厨房で食事係を任された
何人居るんだ?
どれだけ作れば連中は
お腹が膨れるのか
義手を愛でる海賊は海賊団の頭で
みんなに慕われていた
海賊なんて名乗って
格好だけつけてる優しい人
あたしもよく可愛がられた

でも奴らは船を見つけると
容赦なく襲い始めたんだ

返り血浴びた奴らが
食料抱え戻ってきた
仲間になれたと思ってたのに
泣きながら
操舵室に駆け込み
舵取り船を走らせた
岩壁に向け
義手の冷たい手のひらが
あたしの頬を叩いていた
「生きるための犠牲だ」
でもそれじゃ不公平だ
弱いものいじめだと言うと
「じゃあこれでどうだ」と
服を脱ぎ捨てた
その体の半分はぼろぼろの鉄で
出来てた
「俺も弱い者だ
なあこれからはひとりで
やってこうと思うんだが
この様だ…連れが必要だ
ちょうどいい
おまえがついてきてくれないか」

ふたりを乗せた小さめの船が
ゆっくり沖へ進んでく
朝の光へと

ENGLISH
Throwing away the land where I lost my family,
I went out to sea alone
Borrowing a boat without permission, I paddled out
The waves were so rough that I thought I would die
By the time I realised it, I was on a pirate ship
Holding out his artificial hand, the pirate said,
"Using such a boat is suicide
The sea is still going mad
If you like, we can bring you to shore"
Don't! I don't ever want to go back
to that unpleasant place again
Please, let me stay
and work here!

No matter what kind of wave it meets, the pirate ship never gives up,
and never sways
I was given the job of being in-charge of the food in its kitchen
And what kind of people live here?
Just how much must I make for these many collegues
for their stomachs to be full?
The pirate who loved artificial hands was the head of the pirate band
He was respected by everyone
Though they called themselves pirates,
they all appeared to be kind people
and treated me with affection

But once they see a ship,
they would begin a merciless attack

Bathed in the blood of their victims,
they returned while wrapping their arms on new food supplies
Why this, even though I thought that we had became comrades?
I rushed into the pilothouse
while crying
and tried to steered the ship to move
towards a wall of stone
The cold palm of his artificial hand
stuck my cheek
"This is a sacrifice necessary for survival"
But that's just unfair, I said
You're just bullying the weak
"Then why don't you look at this?"
he said as he took off his clothes
Half of his body was made out of metal
that was breaking apart
"I'm weak as well
Hey, I was thinking of doing things alone
from now on, but
at this rate... I must have company
and you're perfect for the job
So please, won't you come with me?"

The boat that the two of us were riding on
slowly headed out into the open sea,
towards the light of morning
Lyrics | Comments:0 | Trackbacks:0 |
| HOME |